いい汗かいてますか? アトピーなら汗をかこう♪

いい汗かいてますか? アトピーなら汗をかこう♪

2014年08月05日(火)7:29 AM
 暑いですね!いい汗かいてますか?さらっとした汗なら気持ちがいいのですが、ジワジワじっとりした汗だと何だか疲れてしまいます。というか、気力が落ちて疲れているから、いい汗がかけないのです。
 お肌が赤かったり、湿疹があったり、アトピーだったりすると、汗をかかない方がいいという指導を受けることもありますが、実は発汗はお肌にとって大切な仕組みなんです。
 
 お肌と発汗について、アトピー性皮膚炎を例にとってみたいと思います。
 発汗機能は生まれてから発達するため、夏の経験が遅くなる秋冬生まれにアトピー性皮膚炎が多い傾向があり、思春期までに良くなるのは発汗機能が発達するためと言われています。
 汗をかくと痒いため、汗はかかない方がよいと言われていましたが、最近は積極的に汗をかく方がお肌にいいことが分かってきました。
 汗には、①感染から体を守る、②体温の調節、③お肌の保湿という機能があります。汗には、免疫物質や保湿に必要な成分が含まれているのです。でも、アトピーの方は汗をそのままにすると痒みがでるので、すぐに洗い流すか、優しくふき取りましょう。
 毎日の汗かき習慣を守ること1か月で、ステロイドも効かなくなったお肌の赤みがひくこともあります。もちろん、はりきゅう(鍼灸)もお手伝いできます!
 汗をかくための運動で、一番のお勧めは歩くことですが、ひと駅歩く、自転車にする、ぬるめのお湯にゆっくり入る(ただし、毎日入るのはやめましょう)、ぞうきんがけに変えてみるなど、無理なく楽しく毎日続けられる自分にあった運動習慣を是非、身につけてください。
 汗は、美肌にも効果がありますよ!
 
 汗をぬぐう時、お肌を傷つけないようにそっと拭いてください。お肌は、細菌などから私達を守る防御壁だからです。
 ところで、蚊に刺された時や転んだ時に、虫パッチやキズテープを貼りますが、その粘着面が皮膚の角質を傷つけることは意識していますか?弱った肌に夏の紫外線!考えただけで恐ろしい?(笑)
 よい貼り方は、毎回貼る場所を変え、はがす時は優しくゆっくりと、貼っていた場所は弱った角質への刺激が少ないワセリンなどを塗ってケアすることです。でも、これから貼るところに何か塗ると、粘着面が弱くなるので注意してください。
 
 汗一つとっても、体に必要なものは出さないようにするエコな仕組みがあります。その機能をうまく動くようにするには、結局、汗をかく習慣づくりが大切なのです。
 現代は冷房があるので、昔と違って夏でもいい汗をかきにくくなりました。暑い時期になり、汗腺が活発になろうとすると冷房で閉じてしまう、そんな繰り返しで調子を崩す方も多いです。
HatsugaGenmai せっかく体がよく動く季節なので、いい汗がかけるよう朝晩の涼しい時間に運動習慣を身につけてみませんか?

 

 ちなみに、夏のバイクは長袖が非常に苦痛です。汗だくです。でも、今年の夏は着ている方が涼しい画期的な服に助けられ、いまだに長袖で頑張れています!汗にちなんだ地上の星の紹介でした(笑)「どこかで頑張っていい布を開発してくれた方々、ありがとうございます!」

 

この記事に関連するブログ

アトピーの悪化因子
熱中症
熱中症(2)と三島祭り
フットケア ~毎日チェックしたい大切な足~
脱水 ~1時間に100mlの休憩タイム~

この記事を書いた人

Koji Wakio(おきらく)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。申年。
武術の稽古と豚カツが大好きです。
Satomi Nakano(極楽)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。巳年。
神社と美味しいものが大好きです。
 

ページリンク予約ご希望のお客様はこちら

静岡県三島市大宮町2-16-19
055-943-5547(ゼロゴーゴー キューシテミルナラ ココヨンナ)



«   |   »

今までの投稿

投稿(テーマ別)

ブログパーツ

ハーティちゃん

月齢カレンダー

Today Moon phase