夏の名残・尿の名残(男性編)

夏の名残・尿の名残(男性編)

2015年08月25日(火)7:22 AM
sara_himawari おきらくの通勤路に向日葵(ひまわり)畑があり、夏の楽しみの一つでしたが盛りは過ぎてしまいました。8月もそろそろ終わり、蝉の鳴き声も変わってきました。
 高校時代まではかなり悲壮な時期の始まりで、それは2学期の各科目最初の授業(宿題を提出する)まで続きました。小学校の絵日記は特に恐ろしい宿題で、1か月間のことを思い出せず、毎年べそをかきながら一気に書きました。計画性のなさゆえに、とても重たい夏の名残でした。
 
 名残で思いだしたのですが、男性なら心当たりのある悲しい尿漏れは、おしっこの名残というか残尿が原因です。
 おきらくの場合は多分50歳前後から、何度か経験があります。スーツで仕事をしていた頃、トイレのあと十分に後処理(フリフリ)して仕舞い込んだはずなのに、洗面台に行く間になぜか脚にタラッと冷たいものが。コレ、すっごい嫌な感じでした。上着の裾で隠れない辺りだと即刻帰宅したくなったものです。
 明るいグレーや茶のスーツは目立つので着られなくなり、もっぱら濃紺、黒系にシフトしました。当然、仕事が忙しいと言い訳して検査に行かず、同じ経験を持つ仲間と歳を重ねた事をただ嘆くだけでした。
 
 いわゆる尿失禁は治療やトレーニングあるいは生活環境の見直しが必要になりますが、今回は排尿後尿滴下という、もう少し軽いけれど50歳以上男性の30~40%が経験する症状の対策についてです。
nyomorey1
 この絵はおしっこ直後の状態です。
 尿道のやや広いカーブに、黄色く残尿があります。ここの筋肉(球海綿体筋)が弱ると、排出しきれない尿が僅かに溜まります。
 
nyomorey2
 そのためフリフリ処理だけでは不十分。この絵のようにズボンに仕舞い、尿道がまっすぐに戻った途端にチョロッということになります。
 
nyomorey4
そこで一工夫。排尿後、フリフリ処理の前に絵のように陰嚢(いんのう)の後ろ辺りを上に上げて、残りの尿を絞り出せば良いのです。
 また、ズボンや下着を十分に降ろし、時間に余裕をもって排尿するのも大切です。洋式トイレに座って排尿すれば、床も汚さないし一挙両得ですね。
 
 最近は尿漏れしないし、この方法でチョロッが出なかったのははりきゅう(鍼灸)の嬉しい効果!(小さくガッツポーズ) また尿漏れするようになったら試してみます。
 
 この方法で改善しない場合は、QOL改善のためにも一度受診されるのが良いと思います。
 お近くのはりきゅう(鍼灸)院でも改善のお手伝いができるので、おきらくにお問い合わせください。

この記事に関連するブログ

夜間頻尿と失眠へのきゅう

 
 

 

この記事を書いた人

Koji Wakio(おきらく)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。丙申年。
武術の稽古と豚カツが大好きです。
Satomi Nakano(極楽)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。乙巳年。
神社と美味しいものが大好きです。
 

ページリンク予約ご希望のお客様はこちら

静岡県三島市大宮町2-16-19
055-943-5547(ゼロゴーゴー キューシテミルナラ ココヨンナ)



«   |   »

今までの投稿

投稿(テーマ別)

ブログパーツ

ハーティちゃん

月齢カレンダー

Today Moon phase