隠れ糖尿病って? ~DM物語2 高血糖と糖尿病~

隠れ糖尿病って? ~DM物語2 高血糖と糖尿病~

2013年07月08日(月)7:52 PM
 健康診断の血糖値が正常範囲でも安心できないのをご存知ですか?
 
ケーキ 平成23年国民健康・栄養調査によると糖尿病患者は10人に1人いますが、予備軍を含めると4人に1人は糖尿病(DM)または限りなく糖尿病に近い方のようです。
 また、糖尿病患者の3割近くが定期的な治療をしていないそうです。
 
 健康診断で「血糖が高い」と言ってもらえた方は治療のチャンスがありますが、怖いのは隠れ高血糖です。食後だけ血糖値が高く、空腹時は正常な血糖値の方は健康診断で「正常値」と判定されます。でも、食後に高血糖になる方は、血管を傷つけることが多いのです。
 日本では空腹時血糖とHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)の数値をみるのが主流ですが、そこが正常でも糖尿病のもう一つの判定基準であるブドウ糖負荷試験で糖尿病と診断されることもあるのです。
 IDF(国際糖尿病連合)のガイドラインによると、食後血糖値の測定が糖尿病の早期発見のポイントと書いてあります。空腹時血糖は正常でも、食後高血糖だと脳梗塞や心筋梗塞のリスクが上がり、将来は糖尿病になる率も高くなるからだそうです。糖尿病は細い血管を、食後の高血糖は太い血管を傷つけると考えられているそうです。
 血管は体中の栄養を担当している、とても大切な器官です。糖尿病という病名がつかなかったとしても、食後の高血糖は血管を傷つけて脳や心臓にダメージを与える可能性があるのです。
 
 糖尿病は自覚症状が乏しい病気です。今なにも不調を感じていなくても血管の傷は着実に増え、いつか症状がでたころには元に戻ることが難しくなります。
 歯のプラークなら鏡に映るから歯磨きで綺麗にできますが、血管は高血糖によるプラークがついても見えないし、歯ブラシの代わりもありません。放置すればいずれ脳梗塞や心筋梗塞かもしれません。
 
 空腹時血糖が正常値で、HbA1cが境界値だった場合は食後高血糖かもしれません。糖尿病の方と同じようにピンピンコロリのために、食事と運動の見直しをしてみませんか?
 
 特に①ゆっくり噛んで食べる②食後に運動する、これは血糖値が急に上がらないために効果的な方法です。
 
 血糖値のピークは食べ始めてから1~2時間後です。その時に力を目一杯使う筋トレがとても効果的ですが、まずは軽い体操やウォーキングからでもOKです。
 糖尿病の予防は、実は健康でいられるための秘訣と一緒です。
 自分に必要な分のご飯を美味しく食べ、軽すぎずきつすぎない適度な運動をして、規則正しい生活をおくる、全て健康の基本です。
 健康診断でHbA1cが高めだった方、ウエストラインが育ったな~と感じている方、特に気になることはないけれどこれからも健康でいたい方、いつまでも健康で楽しい毎日を送るために、食後5分でもいいので運動習慣を身につけてみませんか?
********************
  HbA1c以外にも糖尿病の判定基準があります。
 献血に行く方なら、検査成績のお知らせという葉書に「グリコアルブミン GA」という欄があります。
 ここの数値を1/3にするとほぼHbA1cの値になるそうです。
 献血に良く行かれる方なら、こちらをチェックしても良いかもしれません。
 
********************
********************
・運動時の心拍数100~120回/分以内で、きついと感じない程度にする。
・歩行だったら1日1万歩くらいを目安にする。
・1週間に3日以上の運動が望ましい。
※薬を飲んでいる場合は低血糖の危険があるので注意する。
※運動がかえって病気を悪化させる方もいるので、治療中の方は医師の指示を守ってください。


«   |   »

今までの投稿

投稿(テーマ別)

ブログパーツ

ハーティちゃん

月齢カレンダー

Today Moon phase