江島杉山神社

江島杉山神社

2016年10月25日(火)6:20 AM
ejimajinja 先日、東京に行く用事があったので、墨田区にある江島杉山神社にお詣りして来ました。
 ここには鍼(はり)の神様、杉山和一検校大人命が祀られています。
 杉山和一先生は今から400年ほど昔の人で、日本らしい繊細な術を発明した方です。その中でも管鍼法(かんしんほう)という痛くない鍼の刺し方は、現在の日本の主流といえます。
 華流ドラマの「リアル・カンフー 佛山詠春伝」や韓流ドラマの「宮廷女官チャングムの誓い」「馬医」は、片手に持った太い鍼でおもむろにプツッと刺すはり(鍼)でした。でも、日本は杉山和一先生のお蔭で、細い鍼を痛みなく刺す繊細なはり(鍼)ができました。
 日本独自の鮮やかな鍼さばきは、WFAS(世界鍼灸学会連合会)のトップページで見る事ができます。動画の随所に管鍼法による鍼のシーンが出てきますが、まさに芸術です。
 
 はりきゅう(鍼灸)治療を受けてみたいけれど、痛そうだし、熱そうとためらっているなら、先程のビデオのように多くのはりきゅう(鍼灸)院は痛くも熱くもないのでおきらくにお問い合わせください。
 適度な休息・栄養・運動の養生の三本柱に加えて、心地よいはりきゅう(鍼灸)で、どうか健康にお過ごしください。
 
 ちなみに江島杉山神社は、東京都墨田区千歳1丁目にあります。徳川5代将軍綱吉が杉山和一先生に「何か欲しいものは?」と聞いたところ、杉山和一先生が「ただ一つ、目が欲しゅうございます」と答えたそうです。将軍様はその思いに応えて「一つ目」の付く「本所一つ目」、すなわち現在の墨田区(旧東京都本所区)の土地を与えたらしいです。目は無理でも、せめて地名でもという将軍様の思いやり。深いですねぇ。
 折角鍼の神様をお祀りした神社に行ったので、鍼灸按学術成就守りをゲットしてきました。精進精進。

 

この記事に関連するブログ

はりきゅうマッサージの日

 
 

 

この記事を書いた人

Koji Wakio(おきらく)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。丙申年。
武術の稽古と豚カツが大好きです。
Satomi Nakano(極楽)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。乙巳年。
神社と美味しいものが大好きです。
 

ページリンク予約ご希望のお客様はこちら

静岡県三島市大宮町2-16-19
055-943-5547(ゼロゴーゴー キューシテミルナラ ココヨンナ)



«   |   »

今までの投稿

投稿(テーマ別)

ブログパーツ

ハーティちゃん

月齢カレンダー

Today Moon phase