胃腸と美肌、散歩万歳

胃腸と美肌、散歩万歳

2018年08月21日(火)6:10 AM
 お盆休みはどうでしたか?暑いうえに突然の雨も多かったので、ちょっとしたお出かけでも荷物が多くて大変でした。雨の降り方もスコールみたいで、ちょっと沖縄気分になりました(笑)
 それでも8月23日になれば処暑、暦の上では暑さが一段落する時季です。朝夕は賑やかな蝉、夜には涼しげな虫の声に季節の移ろいを感じます。
 
 まだ残暑は厳しいとはいえ、そろそろ体は秋への準備が必要です。冷たい物や水分の取り過ぎで弱った胃腸をいたわり、風邪に負けない鼻、喉、お肌を目指してください。汗びっしょりの夏から乾燥の秋になると、お肌の痒みも出てきがちです。健康なお肌を保つためにも、爽やかな汗をかく運動がお勧めです。

パパとお散歩

 運動といえば、誰にでもお勧めできるのがウォーキングというかお散歩です。30~60分くらいの時間と、重い腰を上げる決心が一つあればできます(笑) 気を付けてほしいのは2つ、足にあう靴を履いてほしいことと、胸を張って歩くことです。胸を張って深く息ができると、鼻、喉の養生にもなります。
 エアコン乾燥もお肌に辛いですが、大気が乾燥する秋は別の意味でお肌に負担がかかります。お肌は皮脂(油)と汗(水分)でできた皮脂膜で覆われているので、美肌のためにはいい油と爽やかな汗が必要です。お肌は外敵から体を守る最前線の防衛部隊で、睡眠、食事、運動の3拍子が大切です。皮脂膜の材料になるいい油と汗を揃えて、乾燥やばい菌に負けない健康なお肌を保ちましょう。
 いい油でお勧めなのが、クルミなどの木の実です。個人差はありますが、クルミを続けているとお肌がとてもしっとりします。爽やかな汗は、もちろん散歩がお勧めです。ただし、食べ物は個人差もあるので自分の感覚、頭ではなく体の感覚を優先してください。例えばいい食材である納豆でもアレルギーが出る方もいるように、食材を良し悪しで分けることはできません。食べ物は毒にも薬にもなるので体にいい食べ方、量や調理法や組み合わせを見つけてほしいです。
 
 散歩には便秘の解消という、嬉しい効果もあります。手足には体を健康に保つツボがたくさんありますが、足には胃腸の調子を整えるツボが満載です。消化機能がいいと、出るのも調子いいです。口から入って体から出ていくまでが順調だと、気持ちも軽くなるのが不思議です(笑)
 今つらい症状がある方から元気を維持したい方まで、東洋医学は健康のお役に立ちます。お体のことで気になることがありましたら、お近くのはりきゅう(鍼灸)院におきらくにお問い合わせください。

この記事に関連するブログ

歩くと痛~い魚の目

梅干しで浮腫み実験

楽しく運動

 

 

この記事を書いた人

Koji Wakio(おきらく)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。丙申年。
武術の稽古と豚カツが大好きです。
Satomi Nakano(極楽)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。乙巳年。
神社と美味しいものが大好きです。
 

ページリンク予約ご希望のお客様はこちら

静岡県三島市大宮町2-16-19
055-943-5547(ゼロゴーゴー キューシテミルナラ ココヨンナ)



«   |   »

今までの投稿

投稿(テーマ別)

ブログパーツ

ハーティちゃん

月齢カレンダー

Today Moon phase