湯船にゴミが流れてる?

湯船にゴミが流れてる?

2016年11月22日(火)6:36 AM
 おきらくは今年に入ってから、週に1回は温泉に浸かりに行ってます。2月頃でしょうか。湯船に浸かって、日差しがお湯に反射して光るのを見るともなく見ていて、気が付いたことがあります。
 乱反射する光の中で、白っぽい半透明の糸くずが数本おきらくの視線の先に流れているのです。
 よくよく見てみると、ほかにも数本そういうゴミがあることに気が付きました。しかもゴミ同士は同じ位置関係にあるみたいでした。目にゴミが付いているのかと思い何度も目を洗っても、やはりゴミは同じように見えます。となると、問題は目そのもの?
 
 目のトラブルでゴミが見えると言えば、思い付くのは飛蚊症(ひぶんしょう)です。黒いスス・糸くず・オタマジャクシなどが動いているように見えます。目の玉の大部分は硝子体(しょうしたい)というもので、本来は生卵の白身のような透明の液体が詰まっています。ここに何らかの原因で濁りができると、その影が網膜に映り、ゴミが見えるのです。
 濁りができる原因はいくつかあります。多いのは加齢による硝子体の変化で、硝子体の中に液体の溜まった小部屋ができたり硝子体の後部がはがれてしまったりすることで、発症します。
 
 殆どの飛蚊症は生理的なものですが、なかには網膜裂孔、網膜剥離、硝子体出血、ぶどう膜炎など、病的なものもあるので、症状に気付いた時は早めの眼科受診がお勧めです。
視界良好。OK!!

視界良好。OK!!

 おきらくのように日差しの差し込む温泉でお湯をボォーッとみたり、青く澄んだ空を見るなどすると、早めに発見できるかもしれません。
 
 因みに、おきらくの場合、最近はめっきりゴミの数が減りました。この1年間は週に1回はとにかく1日中体を動かすようにしていたこと、同じく週に1回は温泉に浸かって体を温め、こわばった筋肉をほぐし、血行を良くしたことが例年と違っていました。なにより極楽先生の鍼治療を毎週受けたのが大きかったと思います。
 
 糖尿病や高血圧などで目の病気を併発することがあるのは、目の血管が大変細くできているからです。そのため血行が悪くなると、十分に栄養が行き届かず、色々な症状が出てきてもおかしくないと思います。
 どのような病気も予防に勝るものはありません。何よりも休息、栄養、運動に気を付けて養生するのが一番です。
 目の周囲を指圧して血行良くするのも良いと思います。場所や押し方が分からない時はお近くの、はりきゅう(鍼灸)院でお手伝いできることがたくさんあると思いますので、おきらくにお問い合わせください。
 

この記事に関連するブログ

目がかすむ

肩コリを 取ってかすみ目 さようなら

まぶたがピクピクする

 
 

 

この記事を書いた人

Koji Wakio(おきらく)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。丙申年。
武術の稽古と豚カツが大好きです。
Satomi Nakano(極楽)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。乙巳年。
神社と美味しいものが大好きです。
 

ページリンク予約ご希望のお客様はこちら

静岡県三島市大宮町2-16-19
055-943-5547(ゼロゴーゴー キューシテミルナラ ココヨンナ)



«   |   »

今までの投稿

投稿(テーマ別)

ブログパーツ

ハーティちゃん

月齢カレンダー

Today Moon phase