歩道とマメ

歩道とマメ

2019年05月28日(火)5:26 午前
 たまぁにポッカリと空いてしまう事があります。そんな時は思い切って臨時休業にして、出かけたりする事があります。という事で先日おきらく極楽から修善寺駅まで歩きました。元々の目的はただ歩く事ではなくて、どうしても思い出せないエピソードを思い出すために体を動かし倒そうと思ったからです。
 韮山駅近くの八坂神社をお詣りした時に突然思い出したので、一応目的は果たせました。でも意外と調子良く歩けていたので、何処まで歩けるかチャレンジしてみました。
 

これならマメできないよ

 大仁辺りまで歩くと流石に結構な疲労感と指の付け根に若干の痛みはありましたが、まぁまぁ良いペースで歩けていました。
 ところが修善寺駅まで後数キロのところで、足にマメができたようでかなり痛みが出ていました。そして一歩踏み出す気力も湧かなくなりました。ふと先を見るとMaxValuの文字が。ここで数分休憩して何とか修善寺駅までたどり着きました。
 
 今回の遠足では2つ気が付いた事がありました。
 1つ目は、足に出来たマメから分かる歩き方の癖です。
 右足は母指球だけにマメができていました。しっかり親指で蹴れているようです。それに対して左足は、母指球はマメになりかかり、人差し指の付け根の中指寄りよりにマメができていました。親指で地面を蹴れていないもかもしれません。或いはもしかすると横アーチがへたっているのかもしれません。当分は歩く時に親指を意識してみようと思います。
 そして2つ目ですが、日本の歩道状況の悪さを改めて感じました。
 とにかく狭い、車道を歩かざるを得ない所もありました。水はけのためには仕方ないのでしょうが、傾斜が凄いです。長く歩くと体が歪みそうな程に傾いてる所もありました。舗装の保守がされていない部分が多く、凸凹でとても歩きにくい所も多々ありました。
 これからますます高齢者が増えていくというのに、脚が弱った方にとって日本の歩道はあまりにも厳しいです。だからと言ってシニアカーを使うという選択肢もこの歩道状況ではなかなか厳しいと思います。
 でも歩道がそんな簡単に変わるとも思えません。歩ける内に脚を鍛えておかないと買い物にも行けなくなってしまいそうです。
 
 生きている間は自分の脚で歩きたい。そのためにも散歩を欠かしたくないけれど、体調がすぐれない、足に痛みがあるなどの不調のある方は、お近くのはりきゅう(鍼灸)院におきらくにお問い合わせください。色々とお手伝いできると思います。
 あ、そうそう。修善寺駅の前は芝生が植えられており、疲れた足にはとても優しかったです。歩道を新しくする時は芝生とは言いませんが、自然に近いのが良いなぁ。
 

この記事に関連するブログ

靴と体

万歩初め

歩くだけでも痛い足の裏(足底腱膜炎)

 
 

 

この記事を書いた人

Koji Wakio(おきらく)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。丙申年。
武術の稽古と豚カツが大好きです。
Satomi Nakano(極楽)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。乙巳年。
神社と美味しいものが大好きです。
 

ページリンク予約ご希望のお客様はこちら

静岡県三島市大宮町2-16-19
055-943-5547(ゼロゴーゴー キューシテミルナラ ココヨンナ)



«   |   »

最近の投稿

今までの投稿

投稿(テーマ別)