足三里はやっぱりすごいツボ

足三里はやっぱりすごいツボ

2020年07月28日(火)6:07 午前


 「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。」古典の授業で目にした事があるのではないかと思います。奥の細道(松尾芭蕉)の序文の書き出しです。更にこの後、旅する準備の一つに「三里に灸すゆる」とあります。ここで言う三里とは足三里という膝の下にあるツボの名前です。芭蕉は150日掛けて2400km近く歩いたそうです。その何倍もの距離を(延べ17年間、トータルで約4万キロ)日本全国歩いて測量し地図を作成した伊能忠敬も足三里に灸をすえたのでしょうか?

この記事に関連するブログ

一病 無病 未病

そろそろインフルエンザ、予防のために

疑心暗鬼を生ず、不明熱?

足三里はすごいツボ~脚気、免疫、胃腸の調子~

お灸が気持ちいい季節です

 

 

この記事を書いた人

Koji Wakio(おきらく)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。丙申年。
武術の稽古と豚カツが大好きです。
Satomi Nakano(極楽)
おきらく極楽にて鍼灸治療中。乙巳年。
神社と美味しいものが大好きです。
 

ページリンク予約ご希望のお客様はこちら

静岡県三島市大宮町2-16-19
055-943-5547(ゼロゴーゴー キューシテミルナラ ココヨンナ)



«   |   »

最近の投稿

今までの投稿

投稿(テーマ別)